病児・家族支援研究室 Lana-Peace(ラナ・ピース)
病気のお子さんと
ご家族のために…
 
ご案内
Lana-Peaceとは?
プロフィール連絡先
ヒーリング・カウンセリングワーク
エッセイ集
サイト更新情報
リンク
日々徒然(ブログへ)
 
エッセイ集

病気と一緒に
生きていくこと

家族の気持ちが
行き詰まった時

病気の子どもたちが楽しい気分になれるといいな!「けいこかふぇ」のページへ
 
人間の生きる力を
引き出す暮らし
自分で作ろう!
元気な生活
充電できる 癒しの
場所
病気と一緒に生きていくこと
障害があっても、障害がなくても働く喜び

先日、銀座のスワンカフェとスワンベーカリーに行ってきました。こちら宅急便の生みの親である小倉昌男氏が、心身の不自由な方も労働によって正当な賃金を得て、社会に参加できるようにと発案し、ヤマト福祉財団とヤマトホールディングス株式会社が共に設立した株式会社です。
その存在はちょうど1年前、たまたまクロネコヤマトのポイント交換でいただいたお菓子の詰め合わせで知ることになり、Lana-Peaceのエッセイ「クロネコの運ぶスワンの夢」でご紹介しましたが、ついに1年越しの希望で行くことになりました。
ちょうどその日は、銀座シネスイッチで映画を見た後のお昼の時間。映画館からきょきょろしながら歩いて、信号待ちも含めて10分弱でしょうか。銀座東2丁目の交差点のすぐそばにあります。
大きなクロネコヤマトのネコちゃんのマークの付くビルのそばに、かわいいお店が並んでいました。

まずはスワンカフェから。入口はとっても素敵な感じです。おひとりさまでも居心地良い場所ですよ。その日は20-30代くらいの方が半分くらいを占めていましたが、その他は40.50.60.70代。この年齢層はお店の雰囲気が落ち着ける良い証拠です。

Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー
Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー
Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー

お昼時で大変混雑していましたが、あいている席を見つけたのでまずは席を確保。そしてカウンターに行って注文です。私は日替わりパスタセット(サラダ・パン・ドリンク付き 1,000円+税)を頼みました。海老のクリームパスタ。ニンニク抜いてくださいと頼んだら、快くOKしてくれました。この他にも、ランチメニューは豊富で具だくさんのクラムチャウダープレート(ドリンク付き)、キッシュプレート(プチパン付き、スープまたはドリンク)、スワンごはん(スープまたはドリンク)、笠間和牛の角切りもも肉ステーキ(スープ・サラダ・ドリンク付き)など、どれも銀座ど真ん中とは思えない良心的な価格(650円〜1,200円+税)で、内容が充実しています。

Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー
Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー
Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー
Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー
Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー
Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー

カフェの中では健康な方と障害を持った方と、共に働いていらっしゃいました。ホールスタッフとして縞のエプロンをつけて、料理をサーブしたり、お皿を片付けている方が、障害を持たれている方のようです。ぎこちない歩き方であっても、まったく仕事に支障ありません。言葉がはっきりしないときがあっても、よく耳を澄まして聞けば実はしっかりお話されています。そしてそのホールスタッフとしてのサービスは、逸品でした。
私はドリンクとしてオーガニックアフリカンネクターを選んだのですが、大きめのカップ2杯分のお湯が入った、重い陶器のポットを運んできてくださった時には「何分蒸らしてくださいね」「ふたがはずれやすいので、注意してください」と説明されていました。
コップの水が減っていると、よく見ていて、さりげなく追加して注いでくれます。なかなかお客さんと目を合わせるのが苦手な方は、口数は少ないけれど、スタッフ同士、狭い場所を通る時は必ず「後ろを通ります。失礼します。」そう言っていました。
お客さんが帰る時、ちょうどドアのそばにいたホールスタッフの方は、お盆にカップとお皿をたくさん載せていたけれども、お客さんのためにドアをあけて、挨拶されていました。
お客さんが帰った後のテーブルは、きれいにふきんで拭いていました。それも、まーるくささっと拭くのではなくて、しっかりきれいに。そんなに拭かなくても大丈夫って思うくらいきれいに。椅子の上にこぼれ落ちていたパンくずも、きれいに拭いていました。
1時頃少し落ち着いて、またどんどん人が入って来ても(銀座ランチパスポートの影響?)、パニックになる様子はなくて「他にやることないですか?」と声を掛け合っていました。健康なスタッフも連携して、うまくお店の中は回っていました。
障害を持っていても一生懸命働いて、健康な方も、そうでない方もそれぞれがお互いにうまくフォローし合っている姿を見ていたら、なんだかじーんとしました。

人にはそれぞれ、個性があり、本分があるもの。均一化を目指すのではなく、その人の良さと能力を存分に活かして何か大きなものを作り上げる、そういう姿をリアルに目の前で見て、すがすがしい気持ちになりました。

お食事も飲み物もおいしいし、居心地の良さに、もう少しお店にいようかと思って、追加で頼んだ柿のパイとコーヒー。パイの柿はしっとり、自然な甘さで生地もおいしくて、アイスクリームや果物、食用花も添えられていました。コーヒーのお砂糖は「有機」です。ここしばらく、カウンセリングのドリンク用として1回分ずつ包装された有機のお砂糖を探し続けていたので、びっくり。おいしいコーヒーでした。
そしてカフェのお手洗い、ここがまたすごい。清潔。とても。そこでしばらく本が読めそうなくらい。

Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー
Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー

そして、隣のベーカリーへ。
さすがにさんざんおなかはいっぱいだったので、おみやげに持って帰りました。4種のキノコのグラタンパン(170円+税)お店の解説によると「シンプルな生地にコクのあるグラタンフィリングをしぼり、4種のきのこ(ひらたけ、マッシュルーム、エリンギ、しいたけ)をトッピングして焼き上げました。」とのこと。
そしてクリームチーズとリンゴのくるみパン(143円+税)
「いちじくとクルミ入りの記事にクリームチーズとリンゴを包み、焼き上げました。」
私は翌朝いただきましたが、チーズもパン生地も柔らかくて、あたためなくても美味でボリュームいっぱい。リンゴはしっとり、たくさん。どちらもコーヒーによく合うパンでした。

なお、スワンカフェではモーニングはやっていないのだけど、スワンベーカリーは平日は7時半、土曜日は9時から開いていて、レジの横の壁側スペースに3席ほど着席してパンをいただけるコーナーがありました。

Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー
Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー
Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー
Lana-Peace スワンカフェ・スワンベーカリー
 
スワンカフェとスワンベーカリー。一生懸命さと働く喜びが伝わって来る、銀座の素敵な場所です。銀座にお越しの際はぜひどうぞ。
長原恵子