病児・家族支援研究室 Lana-Peace(ラナ・ピース)
病気のお子さんと
ご家族のために…
 
ご案内
Lana-Peaceとは?
プロフィール連絡先
ヒーリング・カウンセリングワーク
エッセイ集
サイト更新情報
リンク
日々徒然(ブログへ)
 
エッセイ集

病気と一緒に
生きていくこと

家族の気持ちが
行き詰まった時

病気の子どもたちが楽しい気分になれるといいな!「けいこかふぇ」のページへ
 
人間の生きる力を
引き出す暮らし
自分で作ろう!
元気な生活
充電できる 癒しの
場所
病気と一緒に生きていくこと
傷ついた羽で飛ぶアゲハチョウ

2015年夏、横浜市の金沢動物園に行きました。その動物園出入口に続く道沿いに、鮮やかな黄色、山吹色、オレンジ色、淡いピンク色のランタナのお花が、緑色の葉っぱをバックに、美しく咲いていました。あんまりきれいなお花だったので、近寄って眺めていると、どこからか、アゲハチョウがひらひらと…。

そのアゲハチョウ、よく見ると羽の一部が欠けているのです。
どこか木の枝にひっかかってしまったのか、あるいはどこかに挟まって、破れてしまったのか…それとも、さなぎから羽化した時から、元々羽が傷ついていたのか…。理由はわからないけれど、羽が一部欠けていました。

痛々しい感じがいっぱいだったのですけれど、でもそのアゲハチョウ、傷ついた羽をパタパタさせながら、ランタナの花の蜜をおいしそうに吸っていました。あっちのお花、こっちのお花と、飛び回りながら。

動物園の入口に続く外側の道の空を、自由に飛んでいたアゲハチョウ。決して、動物園の飼育スタッフの方から、お世話を受けて生きている蝶ではありません。
でも、こうしてしっかりと自分でお花を見つけて、蜜を吸いに来ている…
その姿を見て思ったのです。

本人にやる気があれば、なんだってできるんじゃないかって。

アゲハチョウの羽は、人間から見れば「美しいなあ」って感じるものではあるけれど、当のアゲハチョウにとっては、生きていくために必須のもの。だって大切な栄養源となる蜜を持ったお花のところまで、アゲハチョウは、自分で飛んでいかなくちゃいけないんだから。
その羽が傷つくって、人間の想像以上に、アゲハチョウにとっては命取りになる重傷なのかもしれない。
それでも、こうやって、自分でお花までたどり着いているわけで…。

名残惜しい気がしたけど、夕方、そろそろ日が落ちていく時間帯だったから、ランタナの道を後にしました。もしかしたら、あのアゲハチョウは何かを教えにきてくれた、天使だったのかなぁなんて思いながら。

あのアゲハチョウ、まだ横浜の空をパタパタと飛んでいるかな。
元気に過ごしているといいね。

Lana-Peace 羽をけがしてもがんばるアゲハチョウ
Lana-Peace 羽をけがしてもがんばるアゲハチョウ
Lana-Peace 羽をけがしてもがんばるアゲハチョウ
Lana-Peace 羽をけがしてもがんばるアゲハチョウ
Lana-Peace 羽をけがしてもがんばるアゲハチョウ
Lana-Peace 羽をけがしてもがんばるアゲハチョウ
Lana-Peace 羽をけがしてもがんばるアゲハチョウ
Lana-Peace 羽をけがしてもがんばるアゲハチョウ
Lana-Peace 羽をけがしてもがんばるアゲハチョウ
Lana-Peace 羽をけがしてもがんばるアゲハチョウ
 
自然の中で生きている小さな生き物たち、その生きる姿はいろんなことを教えてくれます。不平や言い訳しないで、生きているって凄いな。
長原恵子