病児・家族支援研究室 Lana-Peace(ラナ・ピース)
病気のお子さんと
ご家族のために…
 
ご案内
Lana-Peaceとは?
プロフィール連絡先
ヒーリング・カウンセリングワーク
エッセイ集
サイト更新情報
リンク
日々徒然(ブログへ)
 
エッセイ集

病気と一緒に
生きていくこと

家族の気持ちが
行き詰まった時

アート・歴史から考えるこどもの生

病気の子どもたちが楽しい気分になれるといいな!「けいこかふぇ」のページへ
 
人間の生きる力を
引き出す暮らし
自分で作ろう!
元気な生活
充電できる 癒しの
場所
病気と一緒に生きていくこと
選択を正解にするための努力

病気の治療の中で一番厄介なものは、なかなか治らない病変部ではなくて、自分の心かもしれません。
自分の前に提示されるいくつかの選択肢、その中で1つを選んで進んでいくことは、とても難しいですね。自分ではこれが一番良い、と思って選んだつもりでも、周りから、その選択に異議を唱える人が出てくるかもしれません。周囲の人々は専門家だったり、家族だったり、それは様々。その人たちに共通するのは、あなたに良かれと思っての発言だけれど、考え方、価値観が違うと、意見がぶつかることも多々あるでしょう。そうした時に、一番辛いのは、あなたですね。
自分の選択に自信を失ったり、意見の違いによって生じる気まずさの中で、いたたまれない気持ちになったり…。それが原因で、気分が鬱々としたり、イライラすることもあるかもしれません。

そういう時に「思い出してほしいな」って思える素敵な言葉がありました。先日、観たある韓国ドラマの中に。

タイトル 「ラスト・チャンス」
〜愛と勝利のアッセンブリー〜
制作局 KBS
演出 ファン・インヒョク、チェ・ユンソク
脚本 チョン・ヒョンミン
制作年 2015年

第2話の後半に登場する場面です。
会社から不当なリストラを受け、仲間と共に会社を相手取り労働運動をしていた溶接工 ジン・サンピル(チョン・ジェヨン)氏。
ある日、キョンジェ市の補欠議員選挙が行われることとなり、政治とは無縁の世界で生きてきたジム氏に突如、与党 国民党の事務総長であるペク・ドヒョン(チャン・ヒョンソン)氏から声がかかったのです。党公認の立候補者になるようにと。

当初、その依頼を断固拒むジン氏でしたが、会社との争いで組織委員長をしていたジン氏は、だんだん心が揺れました。なぜなら、ペク事務総長はジン氏が国民党公認候補として出馬したら、リストラされた仲間たちの解雇条件改善を会社側へ交渉する、と提示していたからです。
悩んだジン氏は、ペク総長に電話をしました。

ジン氏 ジンです。本当に会社と交渉してくれますか?
ペク総長 候補になるなら
ジン氏 和解……できますね?
ペク総長 お任せを。委員長?
ジン氏 私の選択は正しいんでしょうか
ペク総長 私も時折 悩みます。
“この選択は果たして正しいのか”
  人生と政治の共通点は何だと思います?
ジン氏 何です?
ペク総長 正解がない。
あるのは選択のみです。
選択を正解にするため 努力すること
それが人生であり 政治です。
選んでください。
 

「ラスト・チャンス」 〜愛と勝利のアッセンブリー〜
第2話より(36分過ぎに出てくる場面)
脚本 チョン・ヒョンミン

治療の選択も同じことかもしれません。人間の身体はロボットではないのですから、治癒の過程も違います。正解がない、のかもしれません。
もしあなたが最善の選択をしているにも関わらず、いつも気持ちが晴れることなく、不安と後悔の渦中で過ごしていると、自分で新たなストレスを作り出していることになってしまいます。
交感神経も常に緊張し、体内のホルモンバランスも崩れて、「治りにくい身体」に導かれてしまうかも…。
それって、本末転倒ですね。
どういう選択であっても、それがあなたにとってのベストになるように努力していくこと、そうした時間をあなたが重ねていくことは、必ずあなたを助け、あなたを支えてくれる力に変わっていきます。それは私自身が自分の治療の選択で経験しているから、強くそう思うのです…。

 
「あの時、ああすれば、こうすれば…」そんな思いが湧き続ける時は、まずは「選択を正解にするための努力」に取り掛かってくださいね。
長原恵子