病児・家族支援研究室 Lana-Peace(ラナ・ピース)
病気のお子さんと
ご家族のために…
 
ご案内
Lana-Peaceとは?
プロフィール連絡先
ヒーリング・カウンセリングワーク
エッセイ集
サイト更新情報
リンク
日々徒然(ブログへ)
 
エッセイ集

病気と一緒に
生きていくこと

家族の気持ちが
行き詰まった時

病気の子どもたちが楽しい気分になれるといいな!「けいこかふぇ」のページへ
 
人間の生きる力を
引き出す暮らし
自分で作ろう!
元気な生活
充電できる 癒しの
場所
家族の気持ちが行き詰まった時
試練を超えた幸せ

今日は韓国ドラマの「棚ぼたのあなた」です。
このドラマは中心となる登場人物の年齢層が20代から80代までと幅広く、じーんとくる部分もあり、コメディの部分もあり、スピード感もあり、役者さんも上手だし、脚本もしっかりしているし、ファミリードラマとして、とても良い質のドラマだと思います。
続編が見たいなあと思わせるドラマのひとつです。
第33話の中に、とても良い言葉がでてきましたのでご紹介いたします。

・・・**・・・**・・・**・・・**・・・**・・・

主人公の女性 チャ・ユニ(キム・ナムジュ)は15歳の時、父親を病気で亡くしました。遺された家族は自分と母親、そして大学浪人生の兄と、3歳の弟でした。(ちょうど第33話の21分頃がこのあたりになります)
ユニは母親から、経済的事情のために大学進学を諦め、就職するように言われました。なぜなら父親の治療のためにお金を使い果たし、あちこちに借金をしていたからです。

お兄さんは浪人しながら進学を目指しているのに、自分は始めから進学という選択肢が与えられないということを悔しく思っていたことでしょう。
多感な時期である高校1年生の女の子には厳しい現実ですよね。
ユニは「これが全部、夢だったらいいのに…」と思っていました。
そんな時、担任の先生はこんなアドバイスを送ったそうです。

「人間には超えるべき試練の量が決まっている」

それはユニの心を勇気付け、ユニにとって座右の銘となりました。
その頃を振り返り、ユニは夫に次のように言うのです。

「今この瞬間も、必ず過ぎ去る。そして癖になった。
辛いことがあると、拳を握って、目に力を入れ、
来るなら来なさい(略)と。先生は正しかった。
辛い時期は過ぎ去って、あなた(夫)と出会うことができた。
幸せに過ごすことができるようになった。
日々が過ぎることを毎晩もったいなく思う。
そのくらい幸せなの。」

引用ドラマ:
「(邦題)棚ぼたのあなた 」第33話
演出:キム・ヒョンソク 
脚本:パク・ジウン
制作:韓国KBS
韓国放送日 : 2012年

ご自身の気持ちが何かのきっかけで重苦しいモードに陥っていくと、出口が見えなく、窒息しそうな気持になることもあるでしょう。
どこまで続くのか、この試練…と。
そういう時は、周りが闇のように思えるかもしれません。

でもその苦しい状態が永遠に続くのではなくて、必ず終わりがあり、その先には違う展開が待っている!と思えるようになると、心が軽くなりませんか? 試練を超えたからこそ、余計ユニは幸せを実感することができたのでしょう。

そしてユニの担任の先生が言うように、もし試練の量が決まっていたとしても、それがとても膨大なものであったとしても、
「試練の量を十分超えていける力を自分が持っているからこそ、試練が自分に与えられている」と思ってみると、自分の心のベクトルが変わっていきます。
試練が大変であればあるほど、自分で自分の力を見直すことにつながるのですから…。そうなると、試練は単なる負荷ではなく、超えられる自分を発見し、気付くためのきっかけになるとも言えるでしょう。
ユニの感じた幸せとは、夫との出会いによって生まれた幸せだけでなく、試練を超えることのできた自己への信頼の回復もあったのかもしれませんね。
試練について、キリストのある言葉を思い出しましたが、
それはまた今度。

 
お子さんの病気の回復が思うように進まない時、
「でもうちの子はこの試練を超えていく力を持っているんだ!」
「この後、幸せな展開がやってくる!」
そう思ってほしいです。                  
長原恵子