病児・家族支援研究室 Lana-Peace(ラナ・ピース)
病気のお子さんと
ご家族のために…
 
ご案内
Lana-Peaceとは?
プロフィール連絡先
ヒーリング・カウンセリングワーク
エッセイ集
サイト更新情報
リンク
日々徒然(ブログへ)
 
エッセイ集

病気と一緒に
生きていくこと

家族の気持ちが
行き詰まった時

病気の子どもたちが楽しい気分になれるといいな!「けいこかふぇ」のページへ
 
人間の生きる力を
引き出す暮らし
自分で作ろう!
元気な生活
充電できる 癒しの
場所
家族の気持ちが行き詰まった時
心配のスイッチ

お子さんの病気がなかなか回復の兆しを見せない時、ご両親は「今日」の病状も心配だし、「明日」の病状も心配だし、もっと先の病状も心配で、ずっと心の中で梅雨が長引いているように、鬱々としているかもしれません。そのようなご両親にお届けしたい言葉があります。

心配ごとはすべて未来にあるのだから、
あなたがなすべきは
現在に立ち戻ること。
あなたが未来にいることに気づいたら、
心配ごとのスイッチを切って
「今」に生きなさい。


引用文献:
ロバート・ブラックウルフ・ジョーンズ, ジーナ・ジョーンズ著, 加藤諦三訳(2008)『アメリカインディアン聖なる言葉』大和書房, p.187

この言葉を読んで、エッセイ「身体が自分をつなぎとめる」で取り上げたアンドルー・ワイル先生の考え方を思い出しました。
思い煩うことは「いま、ここ」から、まだ現実にはなっていない未来へ自分を連れ出し、未来をさまようことになってしまう、という考え方です。

心配している最中も時間はどんどん過ぎるのですから、「今」という時間が、不確かな未来の心配のために費やされてしまうのも、残念ですね。
心配するほど「未来」の時間は大事だけれども、「今」の時間もそれと同じくらい大事なはずだから…。

エッセイ「明日のことは思い悩むな」で取り上げたマタイ6章27節, 34節に通じるところがあると思います。

 
お子さんのことで心配が尽きない時は、心配の「スイッチ」をいったん切ってしまうと、今しかできないことに、時間を使えるはず。 
長原恵子