病児・家族支援研究室 Lana-Peace(ラナ・ピース)
病気のお子さんと
ご家族のために…
 
ご案内
Lana-Peaceとは?
プロフィール連絡先
ヒーリング・カウンセリングワーク
エッセイ集
サイト更新情報
リンク
日々徒然(ブログへ)
 
エッセイ集

病気と一緒に
生きていくこと

家族の気持ちが
行き詰まった時

病気の子どもたちが楽しい気分になれるといいな!「けいこかふぇ」のページへ
 
人間の生きる力を
引き出す暮らし
自分で作ろう!
元気な生活
充電できる 癒しの
場所
家族の気持ちが行き詰まった時
こどもが秘めている才能

病気を受け入れること、それはお子さんよりも親の方が難しいのかもしれません。私が小児外科病棟で働いていた頃、入院していたこどもたちにとって病気は、自身自分の一部になっているような感じを受けました。ほとんどが先天性の病気のお子さんばかりだったので、生まれてからずっと病気とともに生きてきたことが理由にあるのかもしれません。でも病気を理由にネガティブに育っているような感じは、微塵も受けませんでした。
病気をなかなか受け入れ難いのは、大人である親の方かもしれません。その病気が外見として他者からわかりやすいものであると、親の心配は一層大きくなることでしょう。

さて今日はイギリス出身のミュージシャンである、トム・ヨーク(Thom Yorke)氏について取り上げたいと思います。
彼は1968年10月、イギリスで生まれました。彼の左目の眼瞼は完全に麻痺しており、当初、医師は治る見込みがないと両親に告げたのだそうです。しかし瞼に筋肉移植することが可能となり、トムは2歳から6歳までの間に5回手術を受けました。5回目の手術はうまくいかなかったようであり、彼の半生が語られた『トム・ヨーク すべてを見通す目』の中では、半分視力を失ったとされています。その後、右目のほうに眼帯を着用して生活し、見えにくい左目の方で見るトレーニングをするよう医師から指導を受けました。眼帯をつけて過ごすトムに、こどもたちはニックネームをつけたそうです。父親の仕事の都合で、眼帯をつけてから半年間の間に2度引っ越ししましたが、そのたび、からかわれて喧嘩になったこともあったのだそうです。
でも、トムはずっといじめられた暗い幼少時代を、過ごしたわけではありません。ちゃんとガールフレンドもいて、7歳の時にはファーストキスをしたといいます。

トムは4歳の時、ギターを初めて手にしました。「ミュージシャン、4歳、ギター」そう聞くと「やっぱり英才教育」のように思うかもしれません。しかしトムにとって、そのギターとの出会いは、あまり楽しい思い出ではなかったのです。ギターの弦で指を切ったことから、怒ってギターを壁に投げつけてしまったのだとか。その後7歳の時にスパニッシュ・ギターをもらって習い、10歳の時には初めてバンドを組むまで上達しました。目の病気だから、何もできないのではありません。彼は自分の才能を、少しずつあたためていったといえるでしょう。

その後、家の事情でまたトムは引っ越しをし、パブリック・スクール(イギリスの私立学校)に通うことになりました。その時、トムは以前の友人からいじめにあったそうです。でもそれは決して目のせいではありません。私立の学校に行ったからという理由です。こどもたちにとって違う学校に行くことは、違う社会、違う世界へ足を踏み込んだように思え、うらやましく映ったのかもしれません。
思春期を迎える時期となったトムは、おしゃれも音楽も、自分の好きなものを求めていきました。周囲の友人とは異なる自分のポリシーを貫いていたことから、上の学年の先輩からも目をつけられ、生意気に映ったのでしょう。そこでいじめられたこともありました。ここでも「目」のせいではなくて、その目立つ態度が理由です。しかしトムは標的となる怖さはあった反面、それが心地よくも感じられるようになっていたのだそうです。無視される、のではなく注目されるということは良くも悪くも、自分の存在が認められていることを意味するからでしょうか。
トムは放課後、音楽室の奥にある小さなピアノのある防音ブースで過ごすようになりました。そしてある夏休み、大きな転機を迎えます。ナショナル・ユース・ミュージック・キャンプに参加したのです。そこでは自由であり、あれもダメ、これもダメという堅苦しい音楽の規制が取り払われ、1週間、ギターの集中レッスンやほかの楽器も手にすることになったのだそうです。キャンプの最終日、トムはポリスのロクサーヌを自信に満ちた演奏をしました。

本当に心から好きだと思えるものを、初めて見つけたんだ。
注目されているという感覚が好きだったんだと思う(略)

僕は有名になりたかった。注目してもらいたかった。
その何が悪い?

引用文献:
トレヴァー・ベイカー著, 丸山京子訳『トム・ヨーク すべてを見通す目』図書印刷, p.16

キャンプでは音楽好きな仲間を知り、新しい友達もできました。その秋、トムは作詞作曲し、自ら音楽を作るようになりました。そしてバンド仲間とともに、音楽を追及するようになっていったのです。

幼少時に繰り返し手術をしましたが、今もトムの左右の目は同じではありません。でも、それが彼の人生に大きな影を落としているか、というとそうではないのです。彼の個性の一つになっているように思います。たとえばこんな風に表現されるように。

他人とは迷う視点で物事を見ることができる、彼の能力の象徴

引用文献:前掲書, p.10

お子さんの体の中で気になることを挙げれば、きりがないかもしれません。でも、それらばかりに気を取られていると、本来お子さんが持っている才能を見逃すこともあるでしょう。
親の努力を超えてどうにもできないことがあると、その壁に茫然と立ち尽くしてしまうかもしれません。でも、そこにずっと立ち止まっていては、もったいないのです。人生の時間は皆、限られているのですから。

 
お子さんは埋もれている、まだ見つけられていない自分の才能を、あなた自身に一早く気付いてほしいと待っているのかもしれません。
長原恵子