病児・家族支援研究室 Lana-Peace(ラナ・ピース)
 
ご案内
Lana-Peaceとは?
プロフィール連絡先
日々徒然(ブログへ)
 
人間の生きる力を
引き出す暮らし
自分で作ろう!
元気な生活
充電できる
癒しの場所
こどもたちと
家族のために…
 
病気のお子さんとご家族
病気のお子さんとそのご家族の支援を考えるお部屋
 
先立ったお子さんとご家族
先立ったお子さんとそのご家族の支援を考えるお部屋
 
充電できる癒しの場所
立山黒部アルペンルート
(1) 立山―美女平

2016年5月下旬、立山黒部アルペンルートに行ってきました。目前に広がる大自然は、とても雄大で、人間って何て小さい存在なんだろうと思うことばかり。雪深い場所であるけれど、その時期を越えてこうして、春になって顔を出しているもの1つ1つ、そのすべてにとても力強いエネルギーがあるように思いました。

そして、アルペンルートの中に黒部ダムがあります。黒部ダムは堤高(ダムの基礎地盤から堤頂まで)が日本一の大きさで、世紀の大工事と称された20世紀の大事業。雄大な自然の中に人工物を作ること…それは近代発展に必要な電力確保のために、人々が挑んだものですが、想像を絶するような苦労があったのです。
厳しい自然環境と過酷な労働の中でも、こうして立派なダムができあがったことを考えると、先人の叡智と努力は感服に値します。

また、立山黒部アルペンルートの交通手段も、どれもこれも、苦労の末にできたものばかり。そして環境保護を意識されたものでした。乗車中は快適な移動で、場合によっては数分で終わるけれど、その背後にあるものを見過ごしてはいけませんね。

というわけで、立山・黒部アルペンルートを通じて、大自然によって浄化され、たくさんのエネルギーを分けて頂く機会を得て、いろいろと考えるきっかけになりましたので、今回、ご紹介しようと思います。

(1) 立山ー美女平 立山ケーブルカー
  (2) 美女平ー室堂 立山高原バス
  (3) 散策 雪の大谷・みくりが池
  (4) 室堂ー大観峰 立山トンネルトロリーバス
  (5) 大観峰ー黒部平 立山ロープウェイ
  (6) 散策 黒部平高山植物観察園
  (7) 黒部平ー黒部湖 黒部ケーブルカー
  (8) 散策 黒部ダム
 
(1)立山ー美女平(立山ケーブルカー)
 

出発は立山駅。富山駅から向かう場合は、富山地方鉄道富山駅から立山駅まで乗車し、立山駅で乗り換えとなります。
同じ建物の中の1階が富山地鉄の駅、2階がケーブルカー乗り場。

立山駅周辺で前泊される場合は、立山駅に到着したら、下車後、駅構内で2階に上がってから出た方が良いかなって思います。駅前の広場(ガイドブックなどによく出る写真)の風景が広がります。私はホームのある1階から出てしまったので、バスロータリーなどが見えなくて、想像と違う風景に戸惑ってしまいました。

接続の効率と散策時間の確保だけでなく、変わりやすい山の天気、という点からも、早朝出発のメリットがあります。午前の往路ではお天気が雨と霧でも、復路の午後ではきれいに晴れた、ってこともありました。

立山ケーブルカーは全長1.3kmで標高差500m、平均勾配24度の坂を、片道7分かけて、上って行きます。

Lana-Peace 立山黒部アルペンルート Lana-Peace 立山黒部アルペンルート
駅構内ではアルペンルート内の各名所のライブビューが映されています。現時点の気温や天気の様子がわかって、とても便利。ライブビューは立山駅以外も、アルペンルートの各駅にありました。 同じ富山地方鉄道の宇奈月温泉駅でも、燕がたくさん飛んでいました。
こちら立山駅構内でも、やはり燕の飛ぶ姿をよく見かけました。
Lana-Peace 立山黒部アルペンルート Lana-Peace 立山黒部アルペンルート
行路は全長1.3km。標高差500m、平均勾配24度を片道7分で上ります。 さていよいよ、
ケーブルカーで出発です! 
Lana-Peace 立山黒部アルペンルート Lana-Peace 立山黒部アルペンルート
新緑がいっぱいです。 幹にからまりついた不思議なつる
Lana-Peace 立山黒部アルペンルート Lana-Peace 立山黒部アルペンルート
だんだん山深く上って行きます。 遠くの山並みが煙った感じです。
Lana-Peace 立山黒部アルペンルート Lana-Peace 立山黒部アルペンルート
こちら「材木石」と呼ばれます。
上りの際、ケーブルカー窓の左側に見えます。まるで角材のような石の塊が、山肌を覆っています。
大昔、立山連峰の噴火の際、流出した溶岩が、地表で冷えて、固まる時に、収縮し、こうして柱のように割れ、できたものだそうです。
後日訪れた富山市科学博物館に、立山から産出された材木石が、展示されていました。

材木石は通常呼称であり、学問的には 「柱状節理安山岩」と名札が掲げられていました。
 
数万年前の火山の産物がこうして地表に現れているって、すごく不思議。
ケーブルカーであっという間にタイムトリップです!
長原恵子